50代の基礎化粧品|おすすめはコレ!【口コミランキング】

50代からの基礎化粧品ということで、塗る美容整形と言われるほどの美容液をご紹介します。その名もセルラーセラム。ジュネスグローバルという会社のルミネススキンケア製品から出ている美容液で、アットコスメのランキングでも上位に入っており、口コミ評価も高いアイテムとなっています。

 

今までの基礎化粧品と決定的に違うのは、組織や器官を再生するための医療の現場でもいま注目を集めている「幹細胞」が入っているということ。このセルラーセラムは使い続けることによって、50代の大きな悩みでもあるシワなどが目立たなくなったり、お肌の水分量を増やし、みずみずしくハリのあるお顔になっていきます。

 

実はこの幹細胞は美容外科などでも取り入れているようですが、かなりの高額らしくて頻繁には通えない金額なんです。基礎化粧品での毎日のスキンケアで、しかも手頃な価格で幹細胞を取り入れることが出来るなら、50代の女性にとってこれほど嬉しい事はないですよね。

 

【50代でも肌が変わるのを実感できます!】
HABAのスクワランオイルが50代からの基礎化粧品の中でも口コミで評判がいいです。私はプチプラなオールインワンをつけたあとに、スクワランオイルを一滴なじませるだけでケアが完了できているのでとても楽です。

 

また、HABAのアイテムは無添加なので安心して使い続けられますし、匂いもしないので肌が弱い方でも大丈夫だと思います。私自身も敏感肌なので、今まで肌に優しい自然派化粧品やこれ1つでいいオールインワンはかなりお試してきました。でもどれも保湿力に乏しく、乾燥して粉を吹いていました。

 

また、50代ともなると今までの基礎化粧品やスキンケアでは物足りなくなってきて、美容液やクリームを重ねづけしたくなります。そんな中、オールインワンで一通り水分を補ったあとスクワランオイルで保護するだけというのは半信半疑でしたが、使い続けるうちに肌がふっくらしてきたのが分かり、そして一本使い終わる頃には乾燥も気にならなくなったのでおすすめします。

 

【三点使いでOKな山田養蜂場!】
山田養蜂場といえばハチミツが有名ですが、50代向けの基礎化粧品も通販で販売しています。基本のものは化粧水と薬用美白美容液のエッセンス、保湿クリームの三点で十分です。

 

無香料ではないですが、基礎化粧品特有の匂いも気になりません。50代となればシミ、シワ、潤いやハリがなくなってくる頃です。私もとても気になっていたので、ランキングで1位になっていた山田養蜂場さんのこの基礎化粧品を使ってみました。

 

すると、この三点を1週間だけでも使っていると、肌にハリを感じることが出来ました。また、エッセンスでしっとり感が感じられ、次の日の朝に違いが感じることができました。三点の基礎化粧品だけなので、忙しい時でも時間や手間がかからず続けていくことが出来ます。

 

40代後半から使い始めましたが、長く続ければ続けるほど手放せなくなり、お陰で同じ50代の友人達よりも肌のハリがあり、シワやシミも少しですがなくなったように思います。気になる方にはぜひお試ししてほしいと思います。

 

 

【実年齢よりも若くいるための基礎化粧品】50代後半の私の母はシミやしわといったトラブルがほとんどなく、肌に弾力もあります。そんな母が50代前半からエイジングケア対策のために使い始めた基礎化粧品がノエビア薬用505シリーズです。この商品は植物の成長リズムに着目し、植物が成長する際に生み出す驚異的な力を肌に応用できないかと専門家が研究を重ねて誕生したコスメだそうです。ネットの口コミによると、乾燥による小じわを目立たなくしてハリとうるおいのある弾力のある肌に導くので、年齢よりも10歳以上若く見えるのだとか。確かに私の母も50代には見えないほど若々しい肌をキープしています。505の基礎化粧品は医薬部外品で、化粧水が12,000円、乳液が18,000円、クリームが30,000円と高価格帯の商品(しかも税抜き)です。母はよく「年齢を重ねたら洋服よりもスキンケア用品にお金をかけるべき」と言います。そこで最近、私も母におすすめされてこの基礎化粧品を使い始めました。化粧水はとろりとした使用感でまるで美容液のよう。しっとりと潤い、乾燥知らずです。
【50代にも効果あるオールインワン】50代に入った1年半ほど前から、コンビという会社から発売されているナナローブというオールインワンゲルをランキングで見つけて、それ以来使っています。その前から時短と基礎化粧品代の節約のためにオールインワンジェルは使っていて、元々はドクターシーラボのものを使用していました。最後はエンリッチリフトというゲルを使っていましたが、ハリ感を出す基礎化粧品なので50代にはピッタリの様に思えますが、成分が強すぎるのかなんとなく油浮きしている様な感じで、いかにもおばさんが好んでつけそうな商品だと思えるようになりました。そこでもっとナチュラルな感じで、50代になり気になってきた乾燥肌やハリ感に効く基礎化粧品が欲しいと思う様になりました。そんな時にたまたま見つけたのがナナローブです。コロカリアというツバメの巣が原料の美容成分というのがまず効果ありそう気に入りましたし、赤ちゃん用製品を作っている会社なので信頼感もありました。使ってみて、ジェル状の基礎化粧品なのに水の様なしっとり感が気に入りました。香りも柑橘系で爽やかで、つけたあとも自然に肌に染み込むので気に入っています。
【DHCシリーズをライン使いしています】基礎化粧品は50代からでもなく何歳からでもおすすめは市販の中でもプチプラなDHCです。ずっと乾燥肌に悩まされ続けてきて、やっとたどり着いたのがDHCの基礎化粧品でした。化粧水は薬用マイルドローションを使い、日中はベビー&ママサンガードクリームでUV対策をします。そして夜の乳液は薬用QフェースミルクとDHCのラインを使い分け。そして最後はもちろん口コミでも人気があるオリーブバージンオイルを使っています。この最後のオイルがとっても気に入っていて乾燥肌にとっても良いんです。以前はどんな高い基礎化粧品を使っても乾燥がひどくて悩んでいました。痒くて夜中に目が覚めたり、瞼の上が赤くただれて病院に行ったり大変でした。それが母親と50代半ばの姉のおすすめでDHCを使ったのが始まりで、それからは手放せなくなりました。アンチエイジング用ではないですし、使う女性の肌の悩みで使用感も違うと思いますが、私と同じように50代の方で酷い乾燥に悩んでいたらオリーブバージンオイルを一度使ってみて下さい。肌につけるものなので肌に優しい自然な基礎化粧品がやはりいいですよ。
【50代後半の私にとっては値段以上の効果】いつもなら基礎化粧品を使っての感想は、「何となく調子が良い」「肌がモッチリした」程度なのですが、ゲランのオーキデシリーズはハッキリ言ってシワが消えていました!ネットのランキングなどでは上位に入らないスキンケア用品ですが、これは基礎化粧品に出来ることの限界を超えているような気がします。笑いすぎて目元に残った50代後半の私の顔のシワも、オーキデを使うと翌朝には何も無かったかのような肌になっています。特に、アンペリアムクリームは老化に対して違いを感じられます。目の下のちりめんジワに少し厚めにパックするような感じでクリームを乗せておくと、翌朝にはアイロンをかけたようにキメが細かくなっていて、見た目の印象が全く違います。お値段はインターネットで購入しても3万円超えと、かなりお高いですが、少量でよく伸びるので意外と減りません。50代に突入して肌に実年齢を感じるようになったらぜひ試していただきたいとおすすめできるアンチエイジングの基礎化粧品です。